どうして?必要?犬の服は何のためにあるの

暑さ対策・寒さ対策のため

お洒落な見た目で可愛らしさを演出、すべては飼い主のため?どうかそんなふうに思われませんように。犬用の服と言っても、じつはさまざまな種類があります。防寒着、防暑衣、レイコート、おしゃれ着、マナー服。抜け毛を防いで周りの人たちに迷惑がかからないようにする服もありますが、ここでは犬視点で見てみましょう。まず、単純に言えることは、暑さや寒さに弱い犬種がじつはとても多い、ということです。暖かい地方で生まれた犬は寒さに弱く、寒い地方で生まれた犬は暑さに弱い、それはわかりますね。そればかりでなく、現在では品種改良がすすんで体毛がなくなってしまった犬種もいます。こういったヘアレスドッグや、ちわわやトイプードルなどの小型犬は寒さに非常に弱く、舗装されたアスファルトなどの上を歩いていると、簡単に体調を崩してしまうものなのです。室内で飼われる犬が多くなったため、体温調節が苦手な犬もいます。犬はもともと野生動物だ、と言っても、そのほとんどは現在では人間とともに暮らしています。そして、都会で暮らす犬も多く、環境のストレスから守ってあげることも時には重要になってくるのです。

汚れ防止やひっかかりを防ぐため

ペットの犬に着せる服のひとつにレインコートがあります。これも、元々犬は屋外で暮らしていたじゃないか、雨が降ったら濡れるのがあたりまえ。と、そういうわけにはいきません。先に書いたように、現在では都会で暮らす犬が多くいます。こういった犬たちを散歩に連れていく際には、空から降ってくる雨だけではなく、自動車や自転車などによる泥はねなどからも体を守ってあげなくてはいけません。こういった泥はねなどで体が汚れてしまうと、これまた病気にかかりやすくなってしまいます。雨の日の雨具だけでなく、花粉やダニ・虫などから身を守るためにも、洋服を着ることは効果的です。免疫力がそれほど高くない犬種もいるからです。そして毛の長い犬種であれば、草や木の枝、ちょっとしたでっぱりなどにも、毛がひっかかってしまったりします。体毛がからまれば、犬自身も不快なものです。衛生・清潔の観点から、犬が服を着ることには非常なメリットがあります。飼い主の気分・気もちだけでなく、ペット用の服は、犬の不快感を減らすためにも効果的なのです。

病気予防・老齢犬のため

そして、病気予防に的をしぼれば、老齢犬の問題があります。小さなころから服を着せて、これは過保護なのではないか、逆に病気にかかりやすくなるのではないか、その点については人間の子供と同じ、どの程度が過保護で、どの程度が犬の健康のためなのかは、それこそ犬自身の気もちを聞いてみなくてはわかりません。ですが、犬も老齢になってくればやはり病気にかかりやすくなります。また、犬の排泄はつねに戸外で行われなければいけないため、病気だからと言って散歩をさせないわけにもいきません。そんなときに、防寒着やレインコートで犬を保護してあげることは、犬自身の健康にとっても快適さにとってもとても重要なことなのです(犬のQOLと言ってもいいでしょう)。いかがでしょうか、お洒落やマナーのためだけではない犬の服。飼い主が飼い主のわがままのためだけに着せているものではないと、わかっていただけたでしょうか。うちの犬、ちかごろちょっと元気がない、病気にかかったのか、高齢になってきたからかなあ、そんなふうに感じたときは、犬の服のことも思い出してみてください。

犬の服は、様々な種類と用途があります。大きなものちいさなもの、おしゃれなもの、防寒用、レインコートなどがあります。