みんな悩んでる!?愛犬のしつけ方の悩み3選

ちょっとのことでも吠えちゃう・・・

玄関の呼び鈴やちょっとした物音、近所の犬の吠える声などに反応して吠えてしまう犬は少なくないと思います。こんな時どう対処していいかわからず悩んでいませんか?ついカッとなって叱ってしまっていませんか?もちろん「ダメ」と言い聞かせることも大切ですが、それだけでは犬にとってストレスになってしまう可能性があります。犬は賢い動物なので、犬の学習能力をうまく使って覚えさせましょう。吠えた時、吠えるのをやめさせる音をさせるのです。例えば、新聞紙をまるめて床を叩く、空き缶を床に落とす、など犬が不思議に思う音をさせます。すると犬は吠えると嫌な音がすると覚えます。結果吠える行為をやめさせることにつながるのです。

なんでもかじる!これってストレス?

家具や服などなんでもかじってしまう犬もいます。人間にとっては困ったこと!ついつい怒ってしまう、でも犬はやめてくれない・・・なんてことありませんか?これって犬から飼い主さんへ「ストレスがたまっているよー」というアピールだって知っていましたか?子犬の頃は歯の生え変わりで歯がムズムズして噛んでしまうことが多くあるようですが、生え変わりが終わっても噛みグセが治らない子はストレスがたまっているのかな?と考えましょう。散歩に連れて行ったり、ドッグランで思いっきり走らせてあげたり、犬のストレス解消になるようなことをしてあげましょう。

おトイレうまくできる?

犬は自分の縄張りを示し、居心地の良い場所にするためにマーキングをするという癖があります。そのためか、きちんとトイレトレーニングをしないといろんなところにおしっこをしてしまうという問題行動が起きてしまいます!人間にとっては大問題です!これもやはり、つい怒ってしまいがちですが、怒ってしまうとおしっこをしたことに対して怒られていると感じてしまうため、良い方法ではありません。まずは犬がおしっこをしそうなタイミングを知るために観察します。床をクンクン嗅ぎだしたらトイレに連れて行き、おしっこがきちんとできたら褒めてあげましょう。しっかり伝えるためにはおやつをあげるのも良いでしょう。これをしばらく繰り返してトイレをしっかり覚えさせましょう。

子犬販売なら東京都を選択することで、きめ細かいサービスを受けることが出来、将来的にも大きなメリットがあります。